SonotaCo.JP
SonotaCo Network Japan Forum
SonotaCo.JP Forum Index
homeTop Page  FAQFAQ   検索検索   メンバーリストメンバーリスト   ユーザーグループユーザーグループ   登録する登録する 
 プロフィールプロフィール   プライベートメッセージをチェックするプライベートメッセージをチェックする   ログインログイン 

2020年3月21日 2時35分11秒 九州方面上空に出現した大火球

 
新しいトピックを投稿   トピックに返信    SonotaCo.JP Forum Index -> 流星談話室 (Meteors)
前のトピックを表示 :: 次のトピックを表示  
投稿者 メッセージ
mars



登録日: 2005.05.28
記事: 2486
所在地: 岡山県津山市/久米郡美咲町

記事日時: Sat Mar 21, 2020 7:49 pm    記事の件名: 2020年3月21日 2時35分11秒 九州方面上空に出現した大火球 引用付きで返信

大分県の大分天文協会会長の山本幸司さんが、九州方面に出現した大火球を撮影されていました。
山本さんからは許可を頂いています。
OM4:岡山からは遠方火球で捉えていました。



meteor.jpg
 説明:
データはクレジット参照。
 ファイルサイズ:  356.14 KB
 閲覧数:  2394 回

meteor.jpg



M20200321_023511_Okayama4_P.jpg
 説明:
岡山からは遠方火球。
 ファイルサイズ:  15.94 KB
 閲覧数:  2394 回

M20200321_023511_Okayama4_P.jpg



M20200321_023511_Okayama4_.mp4
 説明:
動画です

ダウンロード
 ファイル名:  M20200321_023511_Okayama4_.mp4
 ファイルサイズ:  397.62 KB
 ダウンロード回数:  86 回

トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示  
上田昌良



登録日: 2005.02.07
記事: 2515
所在地: 大阪府

記事日時: Sat Mar 21, 2020 8:56 pm    記事の件名: Re:2020年3月21日 2時35分11秒 九州方面上空に出現した大火球 引用付きで返信

もっと遠方火球です。なんとか写ってました。


M20200321_023511_Osaka03_4wP.jpg
 説明:
ワテック+4mm 
 ファイルサイズ:  15.33 KB
 閲覧数:  2377 回

M20200321_023511_Osaka03_4wP.jpg


トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示  
Shimoda



登録日: 2006.12.12
記事: 2121
所在地: 長野県朝日村

記事日時: Tue Mar 24, 2020 8:40 pm    記事の件名: Re: 2020年3月21日 2時35分11秒 九州方面上空に出現した大火球 引用付きで返信

同じく大分県の奈須 栄一さんが撮影されていました。
了解をいただいたので転載します。



90438095_3107238765994404_2114194288496607232_o[1].jpg
 説明:
 ファイルサイズ:  60.22 KB
 閲覧数:  2173 回

90438095_3107238765994404_2114194288496607232_o[1].jpg


トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
上田昌良



登録日: 2005.02.07
記事: 2515
所在地: 大阪府

記事日時: Tue Mar 24, 2020 11:57 pm    記事の件名: Re: 2020年3月21日 2時35分11秒 九州方面上空に出現した大火球 引用付きで返信

下田さん、この奈須さんの画像を位置測定して、そのデータを使って軌道計算をします。特に問題はないと思いますが、
しかし、いつも情報収集、速いですね。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示  
前田



登録日: 2004.09.01
記事: 2014
所在地: Miyazai JAPAN (E131.4, N31.8)

記事日時: Wed Mar 25, 2020 10:40 am    記事の件名: 引用付きで返信

宮崎の前田です。
この火球のデータは、csvハブに載せています。
岡山からは晴れていたら写っていると思いました。大阪も透明度が
よかったようですね。



M20200321_023511_JPMZ1_HZ.mp4
 説明:
全天カメラ
火球の横の小流星は、ゴースト

ダウンロード
 ファイル名:  M20200321_023511_JPMZ1_HZ.mp4
 ファイルサイズ:  321.91 KB
 ダウンロード回数:  104 回


M20200320_20_001_MZ1_HH.csv
 説明:
MZ1_HHのスペクトルの0次から求めたcsvファイルを載せておきます。

ダウンロード
 ファイル名:  M20200320_20_001_MZ1_HH.csv
 ファイルサイズ:  1.55 KB
 ダウンロード回数:  88 回


20200321_023511_JPMZ1_HH50%slow.mp4
 説明:
4mmスペクトルカメラ
1/2のスローモーションで編集
本体のすぐ横の流星はゴースト
NaとMgの1次、2次、3次が見えています。スペクトルで尾を引いているのが、Naという方がわかりやすいですね。
O778は、1次と2次が見えているはずですが、Oの2次とMgの3次はぴったり重なってしまっています。

ダウンロード
 ファイル名:  20200321_023511_JPMZ1_HH50%slow.mp4
 ファイルサイズ:  20.46 MB
 ダウンロード回数:  89 回

トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
上田昌良



登録日: 2005.02.07
記事: 2515
所在地: 大阪府

記事日時: Tue Jun 23, 2020 1:33 pm    記事の件名: 宮崎県沖の上空に出現した火球 軌道計算結果 引用付きで返信

宮崎県沖の上空に出現した火球
2020年3月21日2:35:11(JST)出現

報告:上田昌良(Masayoshi Ueda)

概要
宮崎県日向市の東海上上空に2020年3月21日2:35:11(JST)火球が出現した。そして、6か所での同時観測があった。その観測者は次の諸氏だった。
動画:横道順一(岡山県、M20026)、前田幸治(宮崎県、M20030、M20031)、上田昌良(大阪府、M20029)
静止画:山本幸司(大分県、M20027)、奈須栄一(大分県、M20028)、 田村稔(愛媛県、M20032)
これら6か所の同時流星で私がOrbit3(上田昌良作)にて軌道計算をした。その結果、この火球は宮崎県と高知県の間の海上上空を飛行していた。発光点高度は93.4kmで、消滅点高度は30.5kmだった。もう少し消滅点高度が低ければ隕石落下の期待もでてきたところだ。この火球の最大光度は、絶対光度で-6.3等だった。
 この火球の輻射点はおとめ座の中にあった。この時期にはおとめ座に小流星群が散見されるのだが、この火球はどの流星群にも属さない散在流星だった。注目されるのは、この火球の軌道傾斜角が0.41°と異常に小さく、周期が1.7年ほどであることだ。これだけ軌道傾斜角が小さいと地球との接近の期間が長いので、公転している間に衝突する確率が高い。もし、この火球と同じような軌道を持った隕石となるような大質量の流星物質があれば地球と衝突する確率が高いと勝手なことを思っている。
 さて、現在では天体の位置表示は2000.0年分点で表されている。今はそれから20年が経過しており、その間の歳差でαδはどれくらいの差が出ているのかを調べた。M20028の発光点αδで2000.0年分点の位置と2020.20年分点では、角度で0.28°の差が生じていた。この2通りの分点で軌道計算をすると発光点側の91.8km上空で実経路位置に1.7kmの差が生じた。もう少しすれば、次の統一分点である2050.0年分点が議論され始めるだろう。
 最後に火球のデータなどを提供していただいた撮影者の皆様に感謝をもうしあげる。また、M20028とM20032の静止画より火球の位置測定をしていただいた司馬康生氏にお礼をもうしあげる。そして、M20027の静止画よりの位置測定は、私が川上浩氏作の位置測定ソフトを使った。川上氏にお礼をもうしあげる。



2020 03 21 023511 実経路 経度緯度_.jpg
 説明:
火球の実経路。若干ずれているところのもあるが、あとはよく一致している。
 ファイルサイズ:  119.02 KB
 閲覧数:  1175 回

2020 03 21 023511 実経路 経度緯度_.jpg



2020 03 21 023511 VHM_.jpg
 説明:
観測速度と光度曲線
この火球の減速がみられる
 ファイルサイズ:  229.61 KB
 閲覧数:  1174 回

2020 03 21 023511  VHM_.jpg



orbit 2020 03 21 023511 軌道計算結果1.jpg
 説明:
軌道計算結果 その1
 ファイルサイズ:  94 KB
 閲覧数:  1174 回

orbit 2020 03 21 023511 軌道計算結果1.jpg



orbit 2020 03 21 023511 軌道計算結果2 .jpg
 説明:
軌道計算結果 その2
 ファイルサイズ:  44.72 KB
 閲覧数:  1174 回

orbit 2020 03 21 023511 軌道計算結果2 .jpg


トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示  
前田



登録日: 2004.09.01
記事: 2014
所在地: Miyazai JAPAN (E131.4, N31.8)

記事日時: Wed Jun 24, 2020 11:37 pm    記事の件名: 引用付きで返信

上田さんへ
前田です。計算ありがとうございます。

M20030、M20031は、どちらがどのレンズですか
全天カメラが、比較星が少ないので、精度が悪いのではないかと思います。

観測速度も急激に落ちていますね。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
上田昌良



登録日: 2005.02.07
記事: 2515
所在地: 大阪府

記事日時: Thu Jun 25, 2020 9:40 am    記事の件名: Re:宮崎県沖の上空に出現した火球 軌道計算結果 引用付きで返信

前田さんへ
 M20030は4mm(HH)、M20031は2.8mm(HZ)です。この2台のカメラの撮影地は同じではないのですね。今気づきました。再計算します。
 質問です。M20031のフレーム間隔は何秒なのですか?ワテックカメラなら1/60秒ですが、この動画はわかりませんでしたので、1/30秒として計算しました。高解像度の動画ですし、大気減速がみごとにでていますので、興味あります。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示  
前田



登録日: 2004.09.01
記事: 2014
所在地: Miyazai JAPAN (E131.4, N31.8)

記事日時: Sat Jun 27, 2020 10:55 am    記事の件名: お答え 引用付きで返信

上田さんへ
前田です。

>M20030は4mm(HH)、M20031は2.8mm(HZ)です。
ありがとうございます。

>この2台のカメラの撮影地は同じではないのですね。今気づきました。再計算します。
いえ、この2台は同じ場所です。

>質問です。M20031のフレーム間隔は何秒なのですか?
20分の1秒です。画素数が多いので、30FPSでは転送できません。
こちらは、再計算が必要ですね。すみません。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
上田昌良



登録日: 2005.02.07
記事: 2515
所在地: 大阪府

記事日時: Sun Jun 28, 2020 12:37 am    記事の件名: Re:お答え 引用付きで返信

前田さん、お答えありがとうございました。
再計算の結果、大気による減速がきれいにみられました。今日は遅いので、昼間に再度、吟味して最終結果をだします。高解像はいいですね。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示  
上田昌良



登録日: 2005.02.07
記事: 2515
所在地: 大阪府

記事日時: Tue Jun 30, 2020 12:46 pm    記事の件名: Re:宮崎県沖の上空に出現した火球 軌道計算結果 引用付きで返信

報告:上田昌良(Masayoshi Ueda)
追伸
 M20031(前田氏撮影)のフレーム間隔の正しい時間がわかったので、再計算をした。軌道計算をするにあたって、同時流星の組合せで天球上の交差角が大きくなる(90度に近くなる)M20027とで計算をした。図に示したようにみごとに大気による減速がみられた。
再計算によって数値が変わった図表を次に掲載した。



orbit 2020 03 21 023511 軌道計算結果1.jpg
 説明:
初速(V∞)が前回の値と少し変わった。その関連で変わった値になったか所は赤字で示してある。
 ファイルサイズ:  94.38 KB
 閲覧数:  897 回

orbit 2020 03 21 023511 軌道計算結果1.jpg



orbit 2020 03 21 023511 軌道計算結果2 .jpg
 説明:
初速(V∞)が前回の値と少し変わった。その関連で変わった値になったか所は赤字で示してある。
 ファイルサイズ:  45.3 KB
 閲覧数:  897 回

orbit 2020 03 21 023511 軌道計算結果2 .jpg



2020 03 21 023511 VHM_ .jpg
 説明:
大気による指数関数的な減速がみごとにみられる。
 ファイルサイズ:  226.86 KB
 閲覧数:  897 回

2020 03 21 023511  VHM_  .jpg



2020 03 21 023511 実経路 経度緯度.jpg
 説明:
実経路
 ファイルサイズ:  121.68 KB
 閲覧数:  897 回

2020 03 21 023511 実経路 経度緯度.jpg


トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示  
前田



登録日: 2004.09.01
記事: 2014
所在地: Miyazai JAPAN (E131.4, N31.8)

記事日時: Sat Jul 04, 2020 10:44 am    記事の件名: 引用付きで返信

前田です。
上田さん、再計算ありがとうございます。
速度が変わると、時刻も変わったので、他との一致もよくなったんですね。
素晴らしいです。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
特定期間内の記事を表示:   
新しいトピックを投稿   トピックに返信    SonotaCo.JP Forum Index -> 流星談話室 (Meteors) All times are GMT + 9 Hours
Page 1 of 1

 
移動先:  
新規投稿: 不可
返信投稿: 不可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
投票参加: 不可
このフォーラムで添付ファイルを投稿 できません
このフォーラムでファイルをダウンロード できます


Powered by phpBB © 2001, 2005 phpBB Group
Copyright ©2004 SonotaCo Network. All Rights Reserved.